【イベントレポート】0歳児さん集まれ~!子ども同い年会「ベビーマッサージ&離乳食と食育」

コラム

イベントレポート

食育

2019.10.19

ベビーマッサージ 離乳食と食育のコピーのコピー

ママのくつろぎの日#8   0歳児さん集まれ〜!
ベビーマッサージ&離乳食と食育

今回は同い年会の第2弾、0歳児さんの会を開催しました!
ひろばには赤ちゃんがいっぱい☆
4ヶ月から11ヶ月までのお友達が12組も♪
とっても可愛くってキュートな姿にスタッフも胸きゅんが止まりませんでしたー!

IMG_8078

ベビーマッサージ

まずはお一人ずつお歌を歌いながらお名前を呼んで、ふれあい遊び。
ママも少し身体を伸ばして、ベビーマッサージをスタート!!

IMG_8077
↑クリックで拡大します

 

今回は、おうちでもできる「オイルを使わないマッサージ」を教えていただきました。

裸にならずにできるし、アレルギーの心配なくパッチテスト無しで大丈夫なので、初心者にも安心ですね(^^)
赤ちゃんに効果のあるツボの紹介をしていただきながら、順番にしていきましたよ〜!

便秘のツボやよく寝る「寝かしつけ」のツボ、美人のツボ、卒乳後も綺麗でいるためのマッサージなど、ママもスタッフも赤ちゃんと一緒に自分の身体を揉みながら(笑笑)
「土踏まずは毎日触ってあげてね〜」、「お膝に手を当てて温めながらくるくる〜」「ふくらはぎをワシャワシャしたり」など、冬に向けた健康アドバイスも聞きながら、赤ちゃんにマッサージをしていきましたー!

IMG_8080

とっても気持ちよさそうで、終わりがけにはウトウトしちゃう子もいたり、満足そうな赤ちゃんたちを見ていると、こちらの心もホッコリしてきます♡

ほんまに、ええ気持ちなんやなぁ〜♪

マッサージは、長時間ランニングに匹敵するほど赤ちゃんにとって体力を使うそう。終わった後は休息と水分補給が必須です。

しばしまったりタイムを取ったあとは、
事前にママからいただいていた離乳食や食育についてのお悩みに答えてくださいました!!

離乳食と食育のおはなし

離乳食を食べさせる時は
スプーンを口のところに置いたら、赤ちゃんがパクッモグモグ、、とするまで口の奥に押し込んだり、流し込むような傾け方をしない。
(自分で食べて咀嚼することを練習するため)

すくいやすいくわえやすいスプーンで、かなり食べさせやすくなるよ!
→ののじスプーン
→エジソンのスプーンフォークセット

温かいまま離乳食を持ち運べる便利グッズ
→アイハーブ ステンレス製の食器 タッパー
→最近では洗いやすい形状が発売中のスープ用魔法瓶を使うと持ち歩きに便利!

ヨーグルトや牛乳、豆乳は嗜好品と心得る。
なので無理に食べさせなくてもいいよ。
身体を冷やすので冬はあまり食べさせないでいいよ。

子育てって、ママのカンが大切。
実はママは、赤ちゃんを見て自分でどうしたらいいかなって感じてる分かっている。
でもそれが月齢に合ってるとか合ってないとか、そろそろ出来た方がいいのかな?とか色々調べて考えちゃうから悩んでしまうので、
「この月齢にはこう!」みたいに書いてるサイトはもう今日から見なくて良い!!

5ヶ月から離乳食バリバリ食べられる子もいれば11ヶ月くらいになってようやく始められる子もいる。
その子の腸や体の状態によって、赤ちゃんがきちんと「オッケー」とか、「まだよ」って判断しているのかもね〜。という事例が多いよ。
よだれが出にくかったりたくさん食べないタイプの子は、アレルギーがちな子や、腸が弱めの子もいるから、食べないからといって躍起にならなくても、その子に合わせてゆったり見守ってあげて(o^^o)

IMG_8079

「薄味じゃないと!」「味噌汁なんてまだ早い!」などそんなに気にしなくて大丈夫!
味噌汁はそのまま飲ませてもいいのよ。
大人のものから取り分けするのは、離乳食の始めからでも大丈夫!

それは、わざわざ赤ちゃんの分を作るのを別でする必要はないという意味で、同じお鍋で作ったものを、先に取り分け、大人の分は後で味を濃くすればいいという意味なんです。
「食べてくれない!と薄味に躍起になるくらいなら、ちょっとくらい味をつけたって大丈夫〜。」
ただ味をつけるといってもお味噌にしてもお塩にしても、『正しい調味料』を選んで使うことも大事。大切な味覚、自然のものでぜひ育んであげてね。

・いろんな素材を混ぜて作るご飯(たくさんのお野菜を一緒に煮込んだスープなど)より、はじめは単品で食べさせて、食材のおいしさを知っていく方がいい

味覚は3歳までにできあがる
フランスでは食育に力を入れている、
そこで重視されているのは野菜を3歳までにいかに多種類食べさせられるか?

離乳食を進めていくときに気をつける食材
パンや牛乳豆乳などは遅くていいよ、
卵白もアレルギーが出やすいので気をつけて。最初はゆで卵にして黄身から。

キウイ、ナッツ、そばなどもアレルギーがきつく出ますので気をつけて。

安心なのは旬のものを食べることと、とろみも片栗粉じゃなく吉野くず粉でとろみをつけるのがオススメ!

お肉は冬の食べ物
じゃがいもと一緒に食べるといいんです!
美人になれる美肌効果がある。

 

****

今回も時間がたりないなぁ~というくらいたくさん質問が出て、楽しいお話をいただきました♪
ご参加いただきましたママさん、朝早くから頑張って来てくださり、ほんとにありがとうございました。
そして小美野先生、いつもたくさんの為になるお話ありがとうございます。

IMG_8081

また近いうちにぜひ同い年会を開催したいと思います!
次はいつにしようかなぁ〜

次のテーマもリクエストしてね!

この記事を書いた人プロフィールはこちら
山村 亜紀
  • 代表理事
  • 山村 亜希
  • AKI YAMAMURA
未来創造プロジェクト みはるかすく 代表ワークショッププロデューサー / 一児の母

これからの変化に富む未来に向けて、 子どもたちが自分らしく成長し幸せに生きていくために、 従来とは違う新しい体験のできる場、遊ぶように楽しみながら学べる場、 グローバルな視点を持てる場を作りたいと...

この著者の記事一覧
この記事を見た人はこんな記事も見ています

最新の情報をSNS・メールで簡単に購読できます!

各SNSでご購読できます。

  • Facebook
  • Twitter

Eメールでも便利にご覧いただけます。

最新の情報をSNS・メールで簡単に購読できます!

各SNSでご購読できます。

  • Facebook
  • Twitter

Eメールでも便利にご覧いただけます。

ABOUT US

上に戻る