【イベントレポート】第6回自然と手をつなごう!「青空ピクニック」@大阪

コラム

2016.10.13

2016_10_12_12_54_17

初めての森のようちえん体験から、子どもたちが発見したことは??

「満足するまでここでやりきりたい!」
—子どものそういう思いが満たされた瞬間を見たことがありますか?

たくさんのお申し込みをいただきました青空ピクニック。
当選された方々が一同に集い、7クラスに分かれて活動しました。
雨の予報でしたが、
なんとか降らずにもちこたえスタート!
途中からは青空となりました。
気温も暖かく、10月なのに水遊びもできましたよ!

42名の皆様のご参加、ありがとうございました!

何度かに分けてクラスごとの活動をレポートします!

みんなで協力して冒険いっぱいだった年中年少クラス

「やりたいことを思いっきりやりぬきたい!」という年頃の子どもたち。
自分の興味に素直に走り出す姿がほほえましく、こちらまで元気をいただきました!
みずみずしい感性をほとばしらせながら、一心に自然と戯れていました。

 

まずは崖・山登り
先生も「初めてで本当に登れるの?」とちょっと心配するくらいの困難な崖。
子ども達はルートなど自分の実力を考えて工夫しながらそれぞれが登り切っていました。
さすが!子どもたちの力はあなどれません。

2016_10_14_06_42_09

「楽しい!楽しい!」とのっけから興奮してはしゃいでいる子ども達。
芝生の土手でも転がる転がる!!
思い切りゴロゴロして楽しそうです。
枝をもって虫を捕まえるチームも。

2016_10_12_12_55_242016_10_14_06_41_37

普段の生活では、大人のリードがあったり、
時間の都合もあったりで、なかなか「満足するまで今ココの遊びをやりきる!」というのは難しいと思いますが、

今日はそれを体験できる日です。

始めは自分のしたいことにこだわる子どもたちですが、
ある程度満足すると、「あ、他の子が待ってるね」など 気づいて動き出すことが出来ていました。
それが「誰かに言われて」ではなく、「自然な流れで気づける場」なのが青空ピクニック。
子どもの自発性を大切に向き合う、森のようちえん保育の醍醐味でもありますね!
今日出会ったばかりなのに。自然の中だと仲良くなるのもあっという間。
仲良くなりすぎて喧嘩も起こるぐらい!
そして周りのみんなもその喧嘩を温かく見守ってくれていました。

2016_10_14_06_41_15

1日の中で仲間意識も出てきて、
メダカを見に行ったり
をカラスが取っていくのを発見し、「みんなでとりたい!」とチャレンジ。
なかなか届かない柿を「どうすれば取れるか?」みんなで知恵を出し合いました。

枝で取ろうとしたり、ジャンプしてみたり、いろいろ試した結果、先生に肩車してもらうという案が見事成功!
みんなでとった柿はすごく渋くて、「シュワシュワするぅ~!!」と、
子ども達、初めてのシュワシュワ体験も。

2016_10_12_12_52_55

 

噴水で遊んで、みんなで虹も見ましたよ。
虹を見てから、みんなの心がギュっと1つになったね。

2016_10_12_12_52_11

振り返りでの感想は、「全部たのしかった!!」と発表してくれましたよ。

先生方からの総括

みんな力を持っている子どもさんばかりで、
「今はこれが楽しい!」という「今を生きている」姿が印象的でした。
森のようちえん保育は初めての子たちですが、
こちらが追いかけるだけでもなく、
指示して引っ張ることもなく、
自然を自分たちで楽しむ姿勢が出ていてよかったです。

 

➡年長クラス、親子クラス、小学生クラスなどのレポートも引き続き、お届けしていきますね!

最新の情報をSNS・メールで簡単に購読できます!

各SNSでご購読できます。

  • Facebook
  • Twitter

Eメールでも便利にご覧いただけます。

最新の情報をSNS・メールで簡単に購読できます!

各SNSでご購読できます。

  • Facebook
  • Twitter

Eメールでも便利にご覧いただけます。

ABOUT US

上に戻る