【イベントレポート】第2回 「家族」ってなんだろう?映画「うまれる」上映会 @大阪

コラム

2016.05.24

家族」ってなんだろう?映画「うまれる」上映会

うまれる上映会に参加して

今回の上映会で「うまれる」は3度目でした。
2度は妊婦の時。

出産後に見るとどう感じるんだろう、

と自分でもわくわくしながらの参加でした。

想像した以上に子供がじっとしておらず、
じわ~っと涙が溢れてきたシーンでも子供がうろちょろして

なかなか集中して・・・とはいきませんでしたが、
パパも一緒に家族皆で見れたのが良かったです。

家族」ってなんだろう?映画「うまれる」上映会

私は里帰り出産でしたが、
最初産みたいと思った総合病院に人数オーバーで断られました。

次に選んだ産院で凄く幸せで満足のいく出産をしたのですが、
私と全く逆で、産んだクリニックで断られ、
総合病院で出産されたお母さんが、突然母体に異変があり、
出血多量で亡くなられた・・・という話を後に聞きました。

赤ちゃんは無事だったそうですが、ひとつ間違えば、
母体の命さえ危険であることに、背筋がぞくっとしました。

本当に出産は何があるかわかりません。

生まれるその日までもそうですし、うまれてからも。
改めて、この映画を観て、ひとりの命って本当に凄い、と思いましたし、
毎日を大切に、子どもと過ごしていきたい、と思いました。

また、パパが映画のあと、立ち会い出産をした時の思い出話を
楽しそうに話していたことが、嬉しかったです。
(子供はパパがもう生まれそうにないから帰る、といったら突然子宮口が開いて、超スピード出産でした)

私達夫婦にとって、出産は一生の大切な想い出。

その想い出を共に作れ、共有できたことで、
夫婦の絆がより強固なものになったのだな、と感じました。

帰ってからも、より子供が大切な存在にお互い思えたようです。
是非、この映画をこれからもご家族や、ご夫婦一緒に観て、
色んなお話をして頂きたいなと思いました。

来場者数

●高校生から大人の方 69名
●幼児・小学生の方  20名
●託児         4名
●総勢        93名

お越しいただきました方々、ありがとうございました。

この記事を書いた人プロフィールはこちら
加治木 孝子
  • 理事
  • 加治木 孝子
  • TAKAKO KAJIKI
シンガーソングライター・ キャンドルアーティスト・TCマスターカラーセラピスト

一児の母。大阪市在住。歌やキャンドル、TCカラーセラピーを通じて、 “ひとりひとりが自分らしく輝いて生きる”お手伝いをしています。 家族や親戚の様な、アットホームなコミュニティつくりのお手伝いや、 ...

この著者の記事一覧
この記事を見た人はこんな記事も見ています

最新の情報をSNS・メールで簡単に購読できます!

各SNSでご購読できます。

  • Facebook
  • Twitter

Eメールでも便利にご覧いただけます。

最新の情報をSNS・メールで簡単に購読できます!

各SNSでご購読できます。

  • Facebook
  • Twitter

Eメールでも便利にご覧いただけます。

ABOUT US

上に戻る